FC2ブログ
おススメ祝詞集メニューに、ご訪問ありがとうございます。

古来日本は生活する上で何事にも神を崇め奉じられてきました
現在では祝詞の文面は近代に合う内容に改編されています。
神に捧げる詞も簡素化され、せめて神様の前で奏上できる
よう私たちの生活に深く関連する祝詞集を集めてみましたので
皆様のお役に立てれば幸いです。

中には普段、目にできない貴重な祝詞もあります。
祝詞を唱えると不思議なことに幸と神秘な運をいただけます。
また私が手書きした祝詞販売もしておりますので詳細はSHOPをご覧ください。

神様の贈り物SHOP

分霊祝詞


分霊祝詞・・・


神霊勧請、分け御霊など表現があります


要は神様の御神名の御札と我家の神棚にも

お祭りするので鎮まって欲しい・・・


神様好きな方は誰しもが思うはずです


今回、神霊の御霊をいただく祝詞を


書いてみました 


















お札は神社の名前ではなく


神様のお名前の御札はなかなかありませんね



天照の神様の御札でも最後には宮がつきます


天照皇大神だけが欲しい


みなさんそう思ってるはずです



私もよく行く弁財天の神様のお札や分け御霊をいただきたく


考えましたが、祠なので神職がいません



ご縁日に地域の方が集まって酒盛りするだけです・・・


じゃ、自分で作るしかない!




分霊祝詞には作法があります


いきなり行って、じゃ神様、分け御霊くださいなんて



失礼かと思います。人間の世界でもいきなり、知人を訪ねて


何がしかお願いするようなものですから



私のやり方ですが・・・



まず、神様に挨拶に行って、家で奉じたい理由と


どのような形でお祭りしていくのか申しあげます

(どこどこの部屋の上に棚を設置してとか)


そして誓いの言葉も忘れません
(以後、厳粛にお祭りもうしあげますとか)

約束して破ったら申し訳ないので、たまに御神酒を忘れたり

するかもしれませんが誠心誠意をもっておこないますといいます。


そして、いついつ(大安吉日の午前中)にあらためて

参りますので宜しくお願い申し上げますと行って、その日は帰ります


ちゃんと、神様のお御霊を入れるお札も作っておきます


サイズは通常御札(紙札サイズ)


表面の紙はコピー用紙でかまいません

墨をすって筆で御神名を書きます。


書いたら神名の下に自分の実印を押します。


私の場合は、日月ノ宮斎主ということもあり


寿山石(印鑑に使われてる石)ネットに売っていますので

自分で彫りました。

そして最後に薄い(字が透けて見える)和紙で囲んで

さらに水引も作って結んで終わりです。


縄文よりの教えの完成です


着る(書く)・重ねる(囲む)・結ぶ


日本の着物と一緒ですね。



IMG_5018.jpg 

このお札も自分で作りました


薄い和紙が調達できなかったので両端を囲みました。



IMG_5019.jpg 

こちらは、薄い和紙で囲ったものです

神様は万民の父母でありますので

自分でできます。


これらのものを用意してから

神様に申し上げた吉日に分霊分け御霊祝詞を奏上しにいきましょう



では祝詞です。私が作文したもので大変短いです






○○の所に座せ奉る




掛巻母 恐支
(かけまくもかしこき)




○○之大神之、 大前に
       (おほまへに)




慎美 敬比 恐美 恐美母毛 白久
(つつしみ うやまひ かしこみ かしこみも まらさく)





○○市○○町○○番地 仕奉良久 (自分の名前)
(つかへまつらく)




御願奉留
(ねがひたてまつる)


○○大神之 高支 貴支 御分霊平 分祠 給礼波登
(たかき たふとき みたまを ぶんし たまわればと)



悪志支仁 惑事奈久 清支 赤支
(あくしきに まどうことなく きよき あかき)



倭心乃 真心仁 崇女 吾御霊高久令
(やまとこころの まごころに あがめ あがみたまたかくしめ)


仕奉良久登
(つかへまつらくと)


畏美 畏美母 願奉良牟登 白久
(かしこみ かしこみも ねがいたてまつらむと まをす)


これだけ云えば気持ちは伝わります

家で奉じる時は大祓いを奏上し海の幸、山の幸を

お供えして豪華にお迎えしましょう

IMG_4451.jpg 

あとは、ちゃんとお祭り続ければ自然と神様はお入り遊ばせます。


それと、せめて季節毎に本霊がいらっしゃる神社に

お参りもいきましょう。



 
関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

noritogoto

Author:noritogoto
皆様はじめまして。
こうじろう、と申します。
福岡県うきは市の山裾で暮らしています
我家に古くより伝わる
祝詞を公開しております。
中臣の流れを受けています
国家の今はなき貴重な
資料でもあり皆様のお役に立てれば幸いです。
詳しくは日常ブログをご覧ください

スポンサーPR
カテゴリ
豊な人生を!
神様からの贈り物
ポチっと応援嬉しいデス
おっさん的スピリチュアル
おっさんの田舎遊び
検索フォーム
チャンネル登録お願いします
孝次郎チャンネル

孝次郎Kojiroチャンネル
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ