FC2ブログ
おススメ祝詞集メニューに、ご訪問ありがとうございます。

古来日本は生活する上で何事にも神を崇め奉じられてきました
現在では祝詞の文面は近代に合う内容に改編されています。
神に捧げる詞も簡素化され、せめて神様の前で奏上できる
よう私たちの生活に深く関連する祝詞集を集めてみましたので
皆様のお役に立てれば幸いです。

中には普段、目にできない貴重な祝詞もあります。
祝詞を唱えると不思議なことに幸と神秘な運をいただけます。
また私が手書きした祝詞販売もしておりますので詳細はSHOPをご覧ください。

神様の贈り物SHOP

不思議に雨雲がかからない秘術


秘術というより自然との気線です




祈晴祝詞


自然には逆らえないがよほど困る時は


嘆願しても良い祝詞



信じないでしょうが、これを唱えると








本来ならば雨雲の赤い危険色が入ってもおかしくない地域において

なぜか、その地域に入れば一瞬、消えます・・・

地域を通り過ぎればまた赤色が出て他の地域で停滞するか


さらに進んでいきます。


意識があればエネルギーは動きます

見れば存在します

聞けば存在します

行動おこせば波動は強くなります。


遥か縄文よりこの気線は人が住んでれば張ってありました

近年では特に平成に入り気線が壊れています。


070502.jpg 

雨は3種類あります


恵みの雨


近隣大地に必要なエネルギーによる影響


悪想念の雨



悪想念の雨は一人でも何故、雨雲が起きるのか


意識する人が増えれば集中豪雨は出来にくくなります。

できてもエネルギーは弱く長くもちません


その意識とは心を向けることです。

日本人は神から愛されてるのか心そのものが

気線です。


この意味を考えることができる人が気線の持ち主です。


たとえば大雨が集中して降れば山崩れが起きます

土砂は流れ作物も人も流されます

崩れた山の周辺は木の実や草花があり動物の食場だったかもしれません


その雨に耐えてもらう相手は誰ですか?


山しかありません・・・山に頑張ってもらうしかありません


だから時々、大雨の時は山に、水に声をかけます・・・・



不思議と自分の家々の周辺は雨雲の災いを防ぎます



わたしの家は山裾なので大雨、長雨が続くと危険なので



先日、一度奏上しました。


祝詞文面中に御酒、御膳を供えてとあります


どの祝詞にも書かれてあります。

すごく重要な言葉です。


ここに奏上者の心が生まれます。


長々でしたが「祈晴祝詞」です






常毛 仕奉留 産土大神乃 御殿爾 掛巻毛 畏支
つねも つかへまつる うぶすなのおほかみの みあらかに

かけまくもかしこき


天照大御神 級津彦神 天水水分神 国水分神等平
あまてらすおほみかみ しなつひこのかみ 

あめのみくまりのかみ くにのみくまりのかみたちを

招奉安置奉天 畏美 畏美毛 白久
ちきまつりませまつりて

かしこみ かしこみも まらさく


此頃 霧雨降績氏 陸田 水田爾 生留 物波
このごろ ながめふり つまきて

あがた みずたに おふるものは



日麻禰久 水爾 浸利氏 朽傷延牟刀須 故爾爾 百姓等
ひまねくみずに ひたりて くとそこなはひむとす

かれこれに おほみたから ら


憂閉 嘆加比 是乃 大前爾 御酒御膳 海川野山乃
うれへ なげかひ これの おほまへに

みき みけ うみ かわ の やまの 



味物平 置足波志氏 鶉成伊俳廻利 仕奉良久平
ためつもの を おきたらはして 

うづらなす い はひもとほり つかへまつらくを



御心毛 明爾 聞食氏 速爾 天之村雲平
みこころも あきらかに きこしめして

すみやかに あめのむらくもを 


級戸乃風爾 気吹祓波志 伊照輝久 天津日乃御陰平
しなどのかぜに いぶきはらはし いてりかがやく

あまつひの みかげを


仰之女 賜比氏 百姓等我 手膝爾 水洪掻垂向股爾
あふがしめ たまひて おほみたからら が 

たふぃひじに みなわかきたり むかももに



泥掻寄氏 取作留 奥津御年平 始女 草乃 片葉爾
ひじかどよせて とりつくる おきつみとしを

はじめ くさの かきはに


至留 迄朽留 事無久 傷牟事無久
いたるまで くちることなく いたむことなく

弥繁丹 繁弥栄爾 栄氏 氏子 産子等乃
いやしげりに しげりいやさかに さかへて

うじこ うぶこらの


心足比 丹 成幸閉 給閉刀
こころたらひに なりさきはへ たまへと


畏美 畏美毛 乞祈奉良久刀  白須。

かしこみ かしこみも こひのみまつらくと まをす





たかが村の行事だろ?


大間違いです・・・・


なぜ、行事になったのかが重要です



これを言う家、言う者は天之、国乃災いから逃れます。



信じるはあなた次第。





関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

noritogoto

Author:noritogoto
皆様はじめまして。
こうじろう、と申します。
福岡県うきは市の山裾で暮らしています
我家に古くより伝わる
祝詞を公開しております。
中臣の流れを受けています
国家の今はなき貴重な
資料でもあり皆様のお役に立てれば幸いです。
詳しくは日常ブログをご覧ください

スポンサーPR
カテゴリ
豊な人生を!
神様からの贈り物
ポチっと応援嬉しいデス
おっさん的スピリチュアル
おっさんの田舎遊び
検索フォーム
レンタルサーバー操作簡単
Wordpressが無料で出来る
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ