おススメ祝詞集メニューに、ご訪問ありがとうございます。

古来日本は生活する上で何事にも神を崇め奉じられてきました
現在では祝詞の文面は近代に合う内容に改編されています。
神に捧げる詞も簡素化され、せめて神様の前で奏上できる
よう私たちの生活に深く関連する祝詞集を集めてみましたので
皆様のお役に立てれば幸いです。

中には普段、目にできない貴重な祝詞もあります。
祝詞を唱えると不思議なことに幸と神秘な運をいただけます。
また私が手書きした祝詞販売もしておりますので詳細はSHOPをご覧ください。

神様の贈り物SHOP

運気がすぐ上がる大国主祝詞で富士の加護をもらう


運気が確実に上がります

大国主祝詞


大国主の神様はみなさんご存知かと思います


別名:大物主・大巳貴神様です。

大黒さんという呼び名は外国の神です。


利益信仰、宗教教団設立からきた庶民への

流れと解釈しております。

また神に対する祝詞には恵比寿はあっても

大黒祝詞はありません

かの○雲○社でも宗教施設なので

私はいきません

とは言っても今の神道自体が宗教施設

みたいなものですからね。

本来、神社というものは
国家と天皇を奉じるのが正統であり

それが県の一宮、二の宮、県社、お宮と

縦の流れで民を守るのが神社ですが


敗戦後、このシステムが破壊されました。






日本には神の教えというものはありません

教えがあれば教義になり

宗教です。

祝詞にも神の教えに・・・という文面がありますが

それは敬い、恵み、謙虚、反省という心を示しています。

また神自体が物事の良し悪しを決めたりはしません

すべてマニマニが教えなのですから

そのマニマニは心です。

IMG_1422.jpg

このように知ってる人がまた理解した人が知らない人に

教えるのでいつのまにか教義という形になったのだと思います。


今回の大国主祝詞は貴重でネットでは見当たりません。

その発祥は現在の福岡県朝倉郡旧三輪町で現在は筑前町と改名されています。


ここに三輪山があり大物主神が奉じられています。

昔、神功皇后が最後の熊襲を退治し三韓征伐に出発された場所でもあります。

大国主は日本の古い神で国土の神様でもありますから

出世・成功に大変神徳があります。

ぜひ、大国主神様が奉じられた神社で奏上すると良い事がおこるでしょう・・・

そしてこの祝詞は

病を治す祝詞でもあります。


大国主祝詞



掛巻母  畏支 大国主大神乃  大前平  慎美  敬比  畏美  畏美母  白久
かけまくも かしこき おおくにぬしのおほかみの おおまへに

つつしみ うやまひ かしこみ かしこみも まらさく


汝命波  父大神乃  詔乃  隋仁  世乃  荒振神等遠  言平和之天ながみことは ちち おほかみの みことのりは まにまに

よの あらぶるかみどもを ことむけやして


大国主刀  成給非  少名彦命刀  同心戮力座天  国土遠
おおくにぬしと なりたまひ すくなひこなのみことと

こころちむつび ちからあはせまして くにうちを



経営美  麗見蒼生乃  為  畜産乃  為爾  病平
つまりいとなみ うつしきあをひ とくさのため

けもののために やまひを 


治留  方平  定米給非  又 薬乃  法禁無比乃  術平毛おさむるのりをさだめたまひ また くすりの のりまじなひの わざをも


始米給比天  大造奈留  功績平 樹給比  
はじめたまひて おほきと いりちを たてたまひ


又、皇孫命乃  天降理  座志  時仁波  天神天祖乃
また すめみまのみことの あまくだりましし

ときには あまつみおやの

神勅平  畏美  座天  現事平  避奉里  給比  天津神乃
みことのりを かしこみまして うつしごとを さけまつりたまひ

あまつかみの


慰勤奈留  神勅丹依天  幽事平  知食牟登  
ちりごろなる みことのりによりて かくりごとを

しろしめさむと


百不足八十隈手爾   隠給比  出雲乃  八百米
ももたらずやそくまでに かくりたまひ いずもの やほまい



杵築宮平  天日隈宮登  定米天  鎮給比  幽冥能  事執座天 者きつきのみやを あめのひすのみやと さだめて つつしみたまひ

かくりよの こととりましては



大地能  官乃  成天  海能  内外能  人魂平  統御給比氏
おおとこの つかさと なりて うみのうちとの

ひとだまを すべしりたまひて



神代毛  今毛  変事那久  夜乃 守日乃  守仁 
かみよも いまも かわることなく よの まもりびの まもりに



守奉給邊留  神功平  抑支  尊美  奉天  萬世乃
まもりまつりたまへる みいさちを あわぎ たふとみ

まつりて よろづよの


今爾  至麻氏  子日平  御祭日登  定米氏  伊豆乃
いまにいたるまで このひを みまつりひと さだめて いつの



屋爾  注連引延  木綿  取垂氏  尊留
まやに しめひきはへ ゆふとりしでて たてまつる



御幣平  安御幣乃  足御幣刀  聞食氏  家内穏仁
みてぐらを やすみてぐらを たるみてぐらと

きこしめして やぬちおだひに



子孫乃  親族波  各加垂々令有不  給病之支  事無久
うみのこの うからやからは おのがむききしめあらず

たまはやましきことなく



煩波之支  事無久  命長久  富栄令  仕奉給閉刀
わずらはしきことなく いのちながく とみさかへしめ つかへまつらたまへと




称事意奉良久平  平介久  安介久 
たたへごとたたへまつらくを たひらけく やすらけく




聞食左衣刀  畏美  畏美毛  白須。
きこしさえと かしこみ かしこみも まをす。






最初の行の

掛巻母  畏支 大国主大神乃  大前平  慎美  敬比  畏美  畏美母  白久

のあとに

○○の何々の病を治りますようにと加えてかまいません。








★今人気の神道ブログがわかる
願望の超法則
ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

⇒ 今何位?
<人気ブログランキング>

○こちらのブログも合わせてご覧いただければ幸いです

●日月ノ宮斎主のBLOG:こちら

●神様のメッセージ:こちら

●神様からの贈り物SHOP:こちら

●おススメ祝詞全集こちら

●神界の色んなお話:こちら

●お守り製作BLOG:こちら

●神様に誘われた山の暮らし:こちら

●至高の世界のBLOG:こちら

●運気を上げる秘言霊:こちら

























コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

noritogoto

Author:noritogoto
皆様はじめまして。
こうじろう、と申します。
福岡県うきは市の山裾で暮らしています
我家に古くより伝わる
祝詞を公開しております。
中臣の流れを受けています
国家の今はなき貴重な
資料でもあり皆様のお役に立てれば幸いです。
詳しくは日常ブログをご覧ください

スポンサーPR
カテゴリ
ポチっと応援嬉しいデス
おっさん的スピリチュアル
おっさんの田舎遊び
検索フォーム
レンタルサーバー操作簡単
Wordpressが無料で出来る
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ