おススメ祝詞集メニューに、ご訪問ありがとうございます。

古来日本は生活する上で何事にも神を崇め奉じられてきました
現在では祝詞の文面は近代に合う内容に改編されています。
神に捧げる詞も簡素化され、せめて神様の前で奏上できる
よう私たちの生活に深く関連する祝詞集を集めてみましたので
皆様のお役に立てれば幸いです。

中には普段、目にできない貴重な祝詞もあります。
祝詞を唱えると不思議なことに幸と神秘な運をいただけます。
また私が手書きした祝詞販売もしておりますので詳細はSHOPをご覧ください。

神様の贈り物SHOP

大祓祝詞でスサノオが八百万の国津神等に心を伝える

大祓詞は心身を魂から
奮い立たせる力があります。

毎年の6月と12月ですが
普段からでも月に一度でもかまいません

その秘密は

神様の国造りを称えたお話で
罪あるものも改心して

一緒に恵みのある国にしよう!

という内容です。そして言霊の裏には
宇宙の成り立ちと進化が眠っています。

私達の進化してない魂が言霊の力により
目覚め始めます。

神様が鎌足に下した霊言ですが
内容は宇宙の音、波、形が集約されています。

そして大祓祝詞奏上には前詞があります

かくかくしかじかで奏上させていただきますという
内容です。とても貴重な文面ですので
記事としてUPさせていただきました。

それは
大祓奉告祝詞
というものです。

また天津祝詞の正式祝詞でもあります。


これには深い物語があり
帝は次の代を天照と決めておりました
しかし、スサノオが邪魔になり臣神等が冤罪を
企てて、スサノオを地においやった話です。

しかしミカドも天照もスサノオも企ては
承知の通りで、わざと冤罪を受けました

それは天照への姉への心情、愛からです。
神様の世界では姉弟ではありません
男神同士の熱い友情の仲です。

この世に姉弟として転生し物語となったのが
古事記です。

ですから

神界:天照皇大神
この世:天照大御神(大巫女)となります。

神界:天神
この世:すさのおのみこと

しかし、すさのおのみことは条件を出しました
IMG_0575.jpg
我が孫を姉の治世後は帝にという条件

本来は天照の子である正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
なのですが、すさのおのみことの孫である

天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命

ニニギの命が代を受継ぎました。
書記とは少し違います。

そしてもう一つの条件があり
今後、帝の継承の際は我の承諾を持って決めよです。

姉である天照の治世が帝の意に叶うように
生はぎ、逆はぎ、ここだくの罪をもって
わざと身を引いたのでした。

それ以降、天神として別格で崇められ
今の世にも引継られています。

同じく天神様の祟りで有名な菅原道真公の怨霊

これは天神様の魂を道真公が持っていたから
スサノオが怒ったのです。

そういう経緯があり大祓奉告祝詞ができました。
大祓祝詞でも最後に出てくる神の名が

速佐良姫、最後はすさのおが吟味するという。

大祓いは力があり愛があふれているのです。

これは大祓いの真理は宇宙の話ですが
天照、スサノオの友情と愛があふれています。

2つセットで奏上すると大きな力が働きます。

それでは、ちょっと書いてみましょう・・・♪



此乃 所平 厳乃 磐境登 掃清氏 神籠刺立招奉真瀬奉留

天津神 国津神 神及 瀬織津此売神 速開都比売神

気吹戸主神 速佐良比売神等乃 御前爾 

畏美 畏美毛 白久

遠津神代爾 伊邪諸大御神詔給比之久吾波

醜米支 穢支 国仁至亭 在介里

故大身乃 祓世奈刀 宣給比氏 筑紫乃日向乃

橘乃 小戸乃憶原仁 至坐亭 禊祓給比支

又速須佐之男命爾 千坐置戸乃 祓物平

負世 手足乃 爪平毛 令抜弓 神遂爾

遂給比支 故此故事爾 依氏 神代毛

今毛 変無久 仕奉来之 例之随爾

大祓乃式仕奉留刀 尊留 由紀乃

御酒 御膳 雑々乃物平 置高成氏

仕奉良久平 平久 安久 聞食亭   

集侍禮留 神官里(住んでる土地)刀千

男女等加 過犯介牟 罪穢平

今年六月十二月乃晦日大祓爾 

掃給閉 清給閉刀 申事平

掃処乃 皇神等相諾比 給閉刀

畏美 畏美毛 白須


これの ところを いつのいわさかと

はらひきよめて ひもろぎさしたて

ちきまつりませまつる あまつかみ

くにつかみ また せおりつひめのかみ

はやあきつひめのかみ いあきとぬしのかみ

はやさすらひめのかみたちの みまへに

かしこみ かしこみも まらさく

とほつかみよに いささぎのおおみかみ

のりたまひしく あは しこめき きたなき

くにを いたりて ありける かれおほみまの

はらへせなとのりたまひて

ちくしのひむかの たちばなの 

おどのあちきはらに いたりまして

みそぎはらへたまひき 

また すさのおのみことに ちくらのおきどの

はらへものを おふせ てあしの つめおも

ぬかしめて かむやらひに やらひたまひき

かれこのふるごとによりて かみよも いまも

かわりなく つかえまつりこしためしの まにまに

おおはらへの しきつかへまつると たてまつる

ゆきの みきみけくさぐさの ものを

おきたかなして つかへまつらくを
 
たひらけく やすらけく きこしめして

ういうこなはれる かむつかささとのとち

おとこおみならが あやまちをかしけむ 

つみけがれを 

ことしむつきとちまりふたつきの

みそかのひの おおはらへに はらへたまへ

きよめたまへと まおすことを

はらへどの すめがみたち あひうつなひ

たまへと かしこみ かしこみもまおす。



☆最後の文面の

はらへどの すめがみたち あひうつなひ

たまへと かしこみ かしこみもまおす。は

西洋では懺悔といいます。

神が許したのです



天照、すさのおの神様に感謝!










★今人気の神道ブログがわかる
願望の超法則
ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

⇒ 今何位?
<人気ブログランキング>

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

noritogoto

Author:noritogoto
皆様はじめまして。
こうじろう、と申します。
福岡県うきは市の山裾で暮らしています
我家に古くより伝わる
祝詞を公開しております。
中臣の流れを受けています
国家の今はなき貴重な
資料でもあり皆様のお役に立てれば幸いです。
詳しくは日常ブログをご覧ください

スポンサーPR
カテゴリ
ポチっと応援嬉しいデス
おっさん的スピリチュアル
おっさんの田舎遊び
検索フォーム
レンタルサーバー操作簡単
Wordpressが無料で出来る
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ